サンタアナ・マルベック -part2

この記事は約1分で読めます。

薄いのかピリっなのか

サンタアナ・マルベックのリピート。

体調も95%近くは戻ったので、レビュー再開だ。カインズで780円、という高額購入していた赤ワイン。サンタアナ・マルベック。Santa Ana Malbec -part2 アルゼンチン。

風邪の時も、飲んではてな?と思っていたのが、舌に残るピリリとした辛さ。喉の刺激のせいか、少しアルコール度高めのワインにあるあるの傾向だ。

今日飲むとピリリの辛さより、感じたのは軽さ。これはマルベックでは致命的。しかも高めクラスではダメでしょ。赤の深みや濃さを期待している人には向かない。8月地方巡業としても「ワンコイン濃いウマ」がテーマの土俵には、残念ながら格下。十両、前座として温かくみて欲しい。

パワフルな肉体美を予想してたら、拍子抜けする程ほっそりキツめの女子。

リピート度☆★★★★1つ 高価格帯ではライバル多すぎ

味の濃さ率☆★★★★1つ これは軽い、が正しい

食べ合わせ☆☆★★★2つ ブルーチーズは美味しかった、ワインが落ちたが

計4売価780円÷4=

コスパ度195円私的には買わないと思う

ハズレない人のペルソナ

マルベックでアルコール度を求める赤ワイン好きへ。こんな人いる?は別として

タイトルとURLをコピーしました