デル・スール おなじみの姉さん -repeat-

この記事は約3分で読めます。

チリカベ、という呼び名が自然になじむ赤ワイン。まえのレビューはこちらから。対戦ではVSインドミタだったり、VSサンライズだったり、検証度の回数は多く深い。好きだからリピートしているな。

デル・スール  Aves Del Sur Cabernet Sauvignon 

ベルクスで売価499円(税別)

2020年3月場所で、関脇(東)という実力はあなどれない。

輸入は老舗モトックス。ワインとお酒の専門商社。真剣だし真摯な姿勢が見える。

ワイン情報と買った状況

ラベルの内容は多くの情報が溢れている。値段だけでなく、こういうところをよく読まなくちゃね。

  • 味のタイプ 赤/フルボディ
  • 飲み頃温度 15°前後
  • アプリの wine-Link から情報を読み取れる
上質なボディが魅力のカベルネ・ソーヴィニョン。カシスやブラックベリーの豊潤な果実味を持つ極上の味わいをお楽しみください。

けっこう営業トーク的な感じのワードのみ。↑

ふたりの感想

チリとしてまっすぐな、正統派の味

しょうゆ系にはこのカベルネ合うわね

クロッタのマルベック味と比べると、クロッタは重みが出てきたが、味はデルスールのほうがある

 

ブリの照り焼きとはどうだろう?

ワインが負けてないし匂いがすごい。香りがいい

チリ・カベルネとして、この壁をこえないと大関・横綱にはなれないね

独断と偏見

皆がワンコインで買える赤ワインをわざわざ選ぶ、というシチュエーションが、まだまだ見えてこない。わからない。

不況になったから?オウチで食べることが増えたから? 

いやいやそれだけでは、安い「赤」は選ばない。プライドが邪魔して、そんな安いやつ、おいしいわけないよね〜」と勝手に決めているはずだから。

それはちょっと前の、リアルな自分の姿そのもの。

ワインは相当日本になじんでいるはず。(平成の30年あまりで約3倍以上に byKirin)

中でもチリ ワイン(輸入の約3割でNo.1)はすごいパワーがあるのよ。

その基本のひとつが、このデルスールなわけ。毎日でもいいし和食にも合うし、気軽に飲める。

財布も痛まず健康にもいいから、まずは飲んでみようよ。濃いウマ赤ワイン。

大相撲で例えると

幕内で在籍場所が長い力士には、真の実力がある。

女性に例えて表現する

日本でも人気の南米ネエさん。隣国ブラジルのスーパーモデル、アドリアナ・リマのよう

☆リピート・濃さ・相性度

リピート度☆☆☆★★ 3つ  いつまでも変わらず飲むぞ

味の濃さ率☆☆☆★★ 3つ  濃さは基本、スタンダード

食べ合わせ☆☆☆★★ 3つ  しょうゆ味は絶対的

計9 売価499円÷9= の結果は!

コスパ度・このワインの総括

コスパ度55.4  1on1につよい

ハズレない人のペルソナ

にも変わらない普通の日に。自分のスタンダードが何か、確認できる

このワインも何回も飽きずにコメントしている。もっと飲まれていいワイン。

タイトルとURLをコピーしました