ネーロディトロイア・ビオ 伊の有機ワインの表情 

この記事は約3分で読めます。

9月の新規開拓。通常は1500円以上の価格だそうだが、Mrマックスの売価は、599円(税別)だった。

価格がハマれば、とりあえず試す価値は出てくる。イタリアの有機ワイン。

ネーロディトロイア・ビオ Nero di TroiaBIO

検索してもなかなか同じワインが掲載されてない。楽天市場でやや詳細があり、760円で売っていた。

このワインは‥

  • アルコール度 13%(有機ワインにしては高め)
  • 品種 ネロディトロイア(生まれてはじめて飲むブドウ品種)
  • 辛口
  • 酸化防止剤:亜硝酸塩
  • 原産国 イタリア(プーリアIGT)
  • 輸入業社 (株)メモス(こちらもお初にお目にかかる)

これのみ。裏書きもけっこう不発で、何も描かれてないのが現実‥。

ワインオクターブ論

1/2オクターブ + 1ハイ

【解説】 とてもやわらかい風味。インパクトが弱いためオクターブは半分にした。後味はよく中程度のタンニン、渋みも感じる。

その味の印象を、ガツんというと

とてもスムージィ。イタリアワインとは思えないほど

有機ワインは久しく口にしていなかった。インパクト中心のチリを多く飲んでいると、こういうワインも恋しくなる。ワイン品種はネロターヴォラの渋みある濃さの感じでもないし、サンジョヴェーゼほどの軽さ中心の味わいでもない。

上品

本日のメインはブリの塩焼き、エビチリという感じで。塩味と唐辛子の辛みで構成されている。エビチリの下味に使ったニンニクにはうまくハマった。重みはないが、スムーズに舌にニンニク風味と赤ワインが溶け込んでいく。塩味も悪くない。いい感じ。

VSデルスール

アルコール臭の比較的高い、デルスール・CSと飲み比べてみた。

カベルネの解放感はすごい。カベルネ同士の闘いに疲れたのか、違う品種との対戦では自分の魅力を全開にしている。ザラッとしたカベルネ独特の舌触りで、このイタリア種を圧倒してしまうか。

自然派はおとなしいため、比べて飲むのは少し気がひけているかも。

ここはデルスールの勝利

ネーロディトロイアのまとめにいってみようか。

リピート・濃さ・相性度

リピート度 ☆☆☆★★ 3つ  有機ワインをこの値段で飲めるならあり

味の濃さ率 ☆★ 2つ  とても柔らかいが「濃い」というのとは違う

食べ合わせ ☆☆☆★★ 3つ イタリア系の料理は間違いないし塩味もいい

計8 売価599円÷8= の結果は?

コスパ度・このワインの総括

10月からワインの税率が変わる?なんてPOPがスーパーの店頭にあった。聞いてないよ増税。このコスパもますます重要になってくるな。

74.8円 イタリアワイン好きなら一度はためしてもいい有機ワイン

ハズレない人のペルソナ

落ち着いたトゲのないワインを飲みたいときには、有機ワイン

イタリアワインでも、地産地消的SDGs的なワインを作る時代か
タイトルとURLをコピーしました