年末こそ美味しいワインを‥ シャトー・ル・ベルナド 想いは真逆に

この記事は約3分で読めます。

毎度こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

早いもので、12月最終週。この年末こそ美味しい赤ワインを‥と横綱ワインを飲みまくって2022年の総括を作ろうかと思ってます。

ちょっと前に飲んだ新規ワイン、OKストアで購入したフランスワインです。

シャトー・ル・ベルナド Chateau Le Bernardot

世が世なら定価は2000円以上?(70%OFFくらいと値札にあり)もしたようです。が795円(税別/874円税込)で買えました。。

【メチャ結論いそぐ人へ】

この「シャトー・ル・ベルナド」を店頭で買う?買わないで、迷ったら!

堅めの味わいですか‥待ち」にします

飲んでみた感じ

ワインオクターブ論的には  

2/3オクターブ+1Hi

2019年モノとしては、開けたての「味」は閉じていてよろしくない。

ただメドックの矜持なのか、時間とともにどんどん「良い方」に変わっていく実力を知るには、とても面白いワインだ。

ん。

その理由

ネットで検索すると、Vinicaで少し情報がありました。ベルナルド、とカナ表記されることもありますが、情報不足のワインなのは間違いありません。裏書きも最低限しかかかれていません。コルク栓でした。

 

 

  • 原産国 フランス
  • メドック 
  • 品種 カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー
  • ミディアムボディ
  • アルコール度   12% 
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者   東亜商事

単独飲みのインプレッション 

  グラスの色はかなり透き通って、輝きが眩しい 

熟度 時間を置いて様子をみる、としか言えない

一見これは、値段にダマされたか?と思うルックスでしたが、総合的にはフランスらしいワイン。

強烈なインパクトはないものの、徐々にタンニンのうまさが効いてきます。

スムーズな後味で、軽めの苦さは感じさせずに、グイッと飲めます。ただ、風味となる果実味の厚みが薄いので、味の骨格が感じられず少し残念です。

この日のメインは、合い挽き肉と野菜の中華炒めでした。薄味の味付けが、ワインとも合いました。塩味の濃いメインだと魅力を引き出せず、ワインが負けそうに思うのは私だけでしょうか?

この日は単独飲みでした。その後数回飲みましたが、メインを変えても全体の印象は変わりませんでした。味変化にも期待しましたが、スッキリ飲める以外に、プラスの特徴はありません。

リピート、濃さ、味の相性度

リピート度 ☆☆★★★  2つ  この価格でも満足には遠いかも

味の濃さ度 ☆★★★★ 1つ   仏ワイン基準では、まあまあのレベル

食べ合わせ ☆☆☆★★   3つ 邪魔されても、邪魔をしないのは良い

星の数は計6個 795円÷ 6= の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度132円。 昔の定価ならばもっと面倒です。市場原理が働いた?

初心者へのおすすめ度 : 初心者の敵にはならないメドック 5点満点で3点のオススメ。

ひさしぶりに、仏ワイン少し悪いところがでました。情報不足でとりあえず買わせたい、的な昔の値付けのままだったら、まず出会わなかったワインですね。もう飲むことはありませんが、ワインの「質」は保っているメドックだと思いました。

 

タイトルとURLをコピーしました