モーンスーン プレミアムエクストラオーク ただものではない

この記事は約4分で読めます。

買い物以外、ほぼ自宅と病院だがその割に体重は変わらない。考え事が多いせいか‥。

5月の新規ワインとしては計8本目。程の良い自宅待機、いやリモートワークが続くとその副作用(副産物?)として、なぜかワインを多めに?買っている。

モーンスーン プレミアム MoonSoon Premium/ Extra oak

久しぶりのミスターマックスで見つけた399円(税別)

チリのカベルネソーヴィニョン と カルメネール(レと表記あるがここでは「ル」)のブレンドだ、メルロー以外を飲むのは何本ぶり?

輸入は、わたしはたぶんお初にお目にかかります、

ネスコジャパン株式会社。なんと場所はカマクラ/稲村だ、南西ウネリの早朝波乗りには最高の場所だね。

ワイン情報と買った状況

ワインの首にかかったPOPがなんともかわいらしい。

こんなワインが欲しかった 夜な夜な飲まずにいられない” 名コピーだ

夜な夜なワイン登場! これも真似したいくらいのGreat コピー。またPOPの裏にはオーナー兼醸造家の日本のみなさまへのメッセージ(➕顔写真)があった。

『私どものワイナリーではブドウは自家栽培にこだわり、収穫、醸造、そして瓶詰めまでに至るまで全てを自社で行っております(注釈:すごいんですよ、コレは)。徹底したトレーサビリティを構築することは、ワイン造りの生命線であると信じて止みません。(注釈:素晴らしい)どうぞ、安心して私たちの生産したMOONSOONをお楽しみください。

この「志」だけで、もう飲む前から絶対おいしい予感、出まくり。

  • ワインのタイプ ライト〜フルボディまでの3段階で、ミディアムボディ
  • 適飲温度 16〜18°C(本格設定)
  • アルコール分 12.5%(度数は低め・のみやすい?)

裏書きもかなり詳細に書き込んである。

生産拠点のマウレ・ヴァレーは、アンデス山脈と太平洋に囲まれたチリ最大のワイン産地。ぜいたくにも手摘みで収穫された(!)葡萄のみを使用。カベルネとカルメネールが奏でるリッチで深みのある香りと余韻が特徴。丁寧にダブル・トーストされたフレンチオークの樽香漂うワンランク上のワイン。

感想かきなぐり

毎日めげずにボッチ飲み。

妻の退院の日も決まったが、もう今までと同じ日常は、もどらないかもしれない

飲む時間も、レビューする時間が限られても、逆に集中して取り組める自分がいる。

このワインは、日本のチリワインが置かれている状況を、ものの見事にうっちゃっている。鋭い視点と感性、そして造る姿勢はゆるぎない。これで、美味しくないわけがない。もちろん好みによるが。

独断と偏見

チリのカベルネ/カルメネール。久しぶりにメルロー以外の赤が飲めて、これはこれでうれしい。

合わせるメインは、牛のビーフストロガノフ風で。肉と生クリームが理想的に融合したユニバースを感じる。たっぷりと赤ワインで煮込んだ。

グラスには明るめに写る、赤の色。ひと口喉に流し込むと、

「ふ〜」とどこからともなく安堵のため息が漏れた。

毎日自粛騒ぎで鬱屈した気分が積み重なった上に、妻の急病で入院騒ぎ。とにかくザワザワした1週間があっという間に過ぎ、余計な考えごとを溜めないように、と思っていたが、揺れ続けた気分は変えようがなかった。これを飲むまでは。

モーンスーン、ありがとう

長く飲んでいると、おいしいのがアタリマエ。赤ワインは毎日手に入って、安心安全にいつでも飲めるものだ、とすっかり脳みそが無変換のお豆腐状態に変わってしまっていた。新しいワイン、おいしいワインにあうだけで、多くの刺激をうけるはずだ。

細かい変化や好みの違い。新しい出会いや発見する喜び。

自分が好む味に出会えたとき、しかもワンコインをはるかに割る衝撃価格で味わえたこと、全てに

感謝しかない。

芳醇。程良い口当たり。カルメネールの良さが十分伝わりつつ、カベルネっぽさも残してるムーンスーン。

これはメルロー対決・プードゥ なんて遠くに霞んでしまった。オチャガビアも渋くてしようがなく変わるほどに。

大相撲で例えると

強い力士って何?才能、努力、いや違う。ただひたすら強いのだ。ひとたび激しく相対しただけで、本能が憶えている「圧力」。肌の毛が悪寒で総立ちするほどのスピード。まるで何が起こったか、全くわからないうちに勝ち負けはついている。それほどの強さ。関脇以上。

女性に例えて表現す

プロポーション的にはモデル系より、健康的な日焼け美人。おまけに人懐っこい、とくれば誰にも好かれるにきまってる。

☆リピート・濃さ・相性度

リピート度☆☆☆☆☆ 5つ ひたすら飲むこと。何回も飲むこと

味の濃さ率☆☆☆☆★ 4つ 芳醇な濃さ。複雑な味がとけこんでいる

食べ合わせ☆☆☆☆★ 4つ 肉料理、できれば濃いソースなら直良い

計13 売価399円÷13=の結果は!

コスパ度・このワインの総括

コスパ度30.6  ほぼほぼ30円の「超」コスパ、Gooood

ハズレない人のペルソナ

心が荒んだ、まさにイマをやさしく癒してくれる

ひたすら、ただモノでない感があふれていた1本

タイトルとURLをコピーしました