コセチャ ピノノワール 番外

light and Smooth
この記事は約2分で読めます。

ピノはアイスで十分

近所の酒屋にて、598円。チリの王者コセチャのピノ・ノワール。COSECHA Pinor Noir

特売でコセチャの取り合わせ2本で1000円、というセールを実施中だったが、あえて1本買い。

ピノは仏ワイン、米西海岸ではフツーに赤ワイン種として有名だが、チリのコセチャとなれば、試す価値ありと思い試飲してみた。普段は「濃いウマ」としてピノは選ばないので、比較/対抗に同じピノ・ノワールのフロンテラを購入し、飲み比べした。

グラスに注いだ色はブライト&シャイン。フロンテラより軽く明るく見えた。かなり不安がよぎる。相撲にたとえると学生力士的に、取り口が若いし素直すぎな攻め方だ。番付外。普段化粧しなくても、素で勝負しているハイティーンにみえてしまう。

私の「濃いウマ」の好みでは、ワンコインの制約の中ではピノ・ノワールは選べない。普及しているカベルネを中心にローテーションしてることは間違いない。好きなブドウ種の順は、

カベルネ〉シラー〉カルメネール〉サンジョベーゼ〉 他なのです。

リピート度☆★★★★ 1つ おそらくリピートは‥

味の濃さ率☆☆★★★ 2つ 爽やか

食べ合わせ☆☆☆★★2つ 鯛の塩焼きニンニクオリーブ油にはOK

計5 売価598円÷5

コスパ度119円  三桁

ハズレない人のペルソナ

赤ワインを飲みはじめたばかりのの女性全般。