リンデマン BIN45 カベルネ・ソーヴィニョン ハーフでも語るな まず飲め

この記事は約3分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

7月最初のプレビューは、ハーフボトルからはじまります。

豪。オーストラリアのカベルネ・ソーヴィニョンです。

リンデマン BIN45 Lindeman’s BIN45 cabernet sauvignon

いつものやまやで購入。500円(税別/550円税込)。ハーフボトルではこのブログの基準を超えてます。それでも、一旦は飲んでみたいと思いました。

【メチャ結論いそぐ人へ】

このワインを買おうかどうか、迷った人に送ります

コスパは悪いでしょうが、ハーフでこの味が飲めるなら「買い」
 

まず飲んでみた感じ

ボトルの年号には、2019年とあります。

ワインオクターブ論的には  

3/4オクターブ+1HI

なかなか、風味と濃さを感じる、いいお味です。

その理由

ラベル裏には、日本語ラベルが重ねて貼られているだけなので、情報量は少ないです。

 

  • 原産国 オーストラリア 
  • ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
  • 味わい ミディアムボディ/スムーズ 
  • 2019年
  • アルコール度 14% (高い!これですか旨さの秘密は)
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者 コルドンヴェール(毎度)

単独飲みのインプレッション  VS ハーディズ・スタンプ

  同じ豪州出身・ハーディズ・スタンプと比べるとかなり明るめ

熟度 味が低いところから、高い方にまわってくる熟度があります

前月末に、「やまや」で熟考の末選んだ赤ワインです。

リンデマンのブランドは昔から有名です。一度は飲んでみたい、と思いながらも今までトライできずにいました。

理由はワンコインより高いから。全く手が出ませんでした。

でもお店でハーフボトルを見つけたら、番付外なのはわかっていますが、飲んでみたい衝動は抑えきれません。GO!

メインは、豚肉の香草焼き。同じ豪のカベルネ同士で比較しました。

飲みのお相手は、ハーディズ・スタンプ カベルネメルロー

Hardy’s Cabernet Merlot

初め見たグラスの「色」は圧倒的にこれはスタンプの勝ちだよね、という濃さがあります。

ところがどっこい

リンデマンはまずフレッシュで黒ブドウのような、野性味あるラフな香りが、立ってきます。

それでいてソフトな渋みとわずかな酸味もあり、この味を高いアルコールを含んだ「まろみ」が全て包んでくれます。いい味のまとまり方です。好きだわ、この感じ。

ハーディズも悪くないし好みのワインですが、比べると少し幼稚な・稚拙な味に思えてきます。総合的な味の満足度は、リンデマン BIN45の勝利となります。

リピート、濃さ、味の相性度

リピート度 ☆☆☆☆★  4つ  飲んでいいお味。新幹線の帰りにちょうどいいGOOD

味の濃さ度 ☆☆☆★★  3つ  アルコールの濃さは高い。濃さの秘密かな?

食べ合わせ ☆☆☆★★  3つ  豚肉の脂にも合うし、かぼちゃのスープにも合う万能系

星の数は計10個 500円÷(10÷2)= の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度100円。ハーフなので‥すみません。

ハーフワインでも美味しいものは、コスパを気にせずまず飲んでみてください。 

初心者へのおすすめ度 : これは誰でも飲める味 5点満点で5点のオススメ。

豪・オーストラリアワインでおすすめ点数初の5点。なぜかというと、昼でも夜でも誰でもパーティでも電車内でも、いつでもどこでもイケるワインだから。これは語らずまず飲め