ヴェラタ ボバル テイストが違う

この記事は約2分で読めます。

意外な飲みやすさ

今月の七発目。新規のスペインモノ。

ミニストップで購入、547円。初めて飲んだブドウの種、ボバル。名前はヴエラタ。VELATA premium Bobal

何だろうこの感じ。甘みのないシラーズというか、枯れていないカベルネというか。軽さ重さで言ったら中庸。カリフォルニアのような明るい抜けた感よりも、むしろシットリした重みのある肉にあう感じ。ただこのワインからは、あまり後味を引くまでの濃さは感じない。カベルネの旨味には負けるかな。平均的なおいしさ。

力士で言えば、欠点はないがまだ勝つ決め技がない前頭中位、という感じか。ウマさはある。何かハマるパターンはあるかもしれない。

ミニストップで買うなら、自分としてはラポサを推す。

スペインでも少し田舎の民族性が強い地域がある。その片田舎に生まれ、村をでることなく酪農や漁を営み一生を終える。そんな平凡だが貴重な存在の村人。

リピート度☆☆★★★2つ また試す機会はあるかも

味の濃さ率☆☆★★★2つ 極めて普通、薄くはない

食べ合わせ☆☆★★★2つ 個性あるメインにあうフシも

計6売価547円÷6=

コスパ度 91.1円味は慣れかもしれないので何とも

ハズレない人のペルソナ

地方で知らないスナックでも、躊躇うことなくボトルを入れられるくらい度胸ある人

タイトルとURLをコピーしました