カルメン チリカベ 輸入がコルドンヴェールか‥ 飲み比べた結果は!

この記事は約3分で読めます。

今日も冷えた。ふところも寒いが新規ワインを探しにいつもの「やまや」へ。

やはり、ベタぼめしたスタンプがここにもおいてない。ガーン、せっかく飲み比べしようと思ったのに‥。代わりに新規赤ワインを購入、

カルメン カベルネソーヴィニョン CARMEN cabernet sauvignon 780円。チリのジューシィなライトボディ?何いってるかさっぱりわからん(裏書きされた文字がそうある)コピーとともに。いわゆるチリカベ とも違う感じに見える。

また一抹の不安も。なんと輸入がやまやとイオンの共同出資会社・コルドンヴェールであること。大量買い付け、チェーン消費の匂いがプンプンとする仕込みワイン(想像ですよ)が、ウマ/マズのどちらにころぶのか?

ひとくち、まあ オーセンティック。

どうこのワインは?

和食にあわない

めずらしく本質をズバやね!

何よ!今日は生姜焼きが塩っぱかったのがショックなの!

(やばい。触れどころを間違えた)和に合わないね!

VS対戦は同じ“やまや”合わせで、ガトーネグロ。と昨日のコッパーリッジだ。

今日のメインは、平日夜もあってブー(豚)の生姜焼きなのは至極当然だ。ただ、ワインに醤油と生姜の味付けは、「甘み」をぬいた場合、(我が家は塩味が好み)相性はしこぶる良くない。

特にカルメンのような、男性的で本来のカベルネ一本勝負の赤ワインの場合は、特にその差異が際立ってしまう。残念だ。

本格チリカベ との再戦用にとっておこう。当然メイン行司はソース系の西洋料理とともに味わう前提で!

ちなみに、今日の和食では、カルメンガトーネグロ (香りが秀逸。アルコール濃さもあるが、味は驚くほどでもない)< コッパーリッジ(この中ではイチバン甘みが溶け込んでいる赤。優しく飲める)という結果になりそうだ。

本場所でいけば、頑張って前頭3−4枚目で奮闘している、という感じ。地力はある、のであとは組み合わせ次第で、のちのち話題にも上がってくるだろう。

女子でもトラッド好きな80年代懐古趣味な少女。ウケる人や隠れ人気もありファンも案外多いはず。

リピート度☆☆☆★★3つ  和食以外の限定であればリピートあり

味の濃さ率☆☆☆★★3つ 正統派な分、濃さも標準以上

食べ合わせ☆☆★★★2つ  和中心の家庭料理にはハマりにくい

計8売価780円÷8=

コスパ度97.5今日はホワイトソースよ!という夜(そんなのいないわ)

ハズレない人のペルソナ

どちらかといえば週末。明日を気にせず食後のブルーチーズと飲みたい

家ワインに合わせて料理を作れる、難しさは家庭の会話度に比例するか?

本日はプロモーションの依頼があったので、リンクを貼っておきます。好みは別として同じ「アルコホールの友」として、日本酒好きな会社の紹介です。興味のある方はどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました