エル・ハワード カベルネソーヴィニョン~season3~

この記事は約3分で読めます。

見つけたら「買い」といいきれる

シーズン3、と銘うって(言葉に意味はなし)リピートワインのレビュー、過去対戦を振り返っているこの頃。上位番付のワンコイン赤ワインが、互いに持てる魅力をさらけだして、飲み争うのは刺激的で飽きない。

エル・ハワード カベルネソーヴィニョン El Howard cabernet sauvignon 

総合ディスカウントのMr.Maxで499円(税別)。物価の優等生は変わらず。

この数年でもいちばん多く飲んでいる、通称『チリカベ』(チリ産のカベルネソーヴィニョン種の略)は、それだけライバルも多く比較されやすい。ハンパな実力ではWcup予選も勝ち上がれない、南米の各国サッカーのようだ。

比較的最近に近いほうで、飲まれているはず。流通販路のせいで、実力は凄いのに全国的に知名度が低いのが、もったいない。

  • 2019年6月(ここから静かに始まる。驚愕コスパ@41.5円)
  • 2019年6月(当時絶対的横綱にいい勝負 VSコセチャ)
  • 2019年6月(ひとひねり VSカネパCS)
  • 2020年5月(ここでも横綱相手VSヒーローズ、VSプダ)
  • 2020年6月(大衆人気のVSコンドル)
  • 2020年5月(格下には余裕でVSムーンスーン、VSプードゥ)
  • 2020年6月(コスパで人気対決VSダンシングフレイム )
  • 2020年6月(1ケ月ぶりの再戦VSプダCS)
  • 2020年6月(コンビニワイン王子燃VSアルパカCS/メルロー )
  • etc‥と対戦バリエーションは様々に戦ってきた。 

現在の番付表は、東の関脇?。(6月場所現在)

これはマズいね〜。上位に相当勝ち越しているから、来場所・大関以上は確実だね。

で、今日はというと‥

ワインの試飲結果

魚との相性だけでなく、エビチリという辛い味にフィットする辛口、という器用な技をもっていた。この勢いが、ポルトガルのサッカー/スーパースターC・ロナウドのごとき「バルカトリナ」に通じたか?

その理由を考察する‥

今日のメインは、タイ切り身焼きのニンニクソースがけ。サイドにエビチリを添えてみた。これが赤ワインと好相性なのにビックリ。

「甘み」が勝つか?正統派の「辛口」がいいのか?日夜この小競り合いは続いていく。

対戦は彗星VSバルカトリナにVSエスコンディダ、絶対に比較される基準チリカベ、VSアルパカと飲み比べた。

VSバルカトリナ  

今日もバルカトリナ。虜虜‥。エビチリごときでは、このワインが持つ果実のコスモワールドを蹂躙なんて無理であろう。エルハワード では南米大陸の制覇がせいぜい。

Portugal,Sweet one

味の膨らみの差がついた。料理をもっとおいしくした違いで

今日は残念、バルカトリナの勝利

VSアルパカ VSエスコンディダ

何度も対戦しているが、エルハワード からすれば、”イケメンアイドル”的に憎たらしいやつがアルパカ。どこでも買えるし、それなりにおいしいから人気だし。自分に持たないものばかり、というコンプレックスに苛まれる。

いつか「ヤツくらいに有名になってやる」という気持ちで既に勝っている。

今日も問題なく、エルハワードの勝利

cabernet merlot
better sweet

エスコンディダは個性勝負に持ち込みたいが、あっけなく寄り切られた。辛味が利きすぎて、ニンニクソースと合わず(尖りすぎ!)、ワインが強く暴走してしまった。

Argentina,Malbec

ここは連勝で、エルハワードの白星

このワインの総括

7月場所の番付は爆上げだ。

ハズレない人のペルソナ

やたらキビキビ小回りよく気が利くし、働きかたも要領良くまわしている人

自分は地方出身でも硬派でいく、的な開き直り感が爽快な後味につながる。