ガトーネグロ9 ライブス チリカベ 家飲み需要が広がるか ワンコイン濃い赤ワイン

この記事は約3分で読めます。

2月、コロナの感染拡大は終息する気配がない。街も心なしか歩いている人が減ってきた気がする。そんな中でも、へこたれずまだトライしていない赤ワインを買い続けている。

でももっと大変なのは花粉症のくすりだ。アルコールをカラダに入れると相当意識が朦朧としてくる。レビューもおぼつかないくらい、「コトバ」が生まれてこない‥あまりにひどいので、昨日は一旦寝てから書き直した。

新規8本目は、やまや(リンク先では買えません)にて780円で購入。

ガトーネグロ9ライブス Gato Negro 9LIVES

本日の我が家のメインは、豚肉フライパン焼きバジルクリームソースとともに。さっそくマリアージュの世界へ

感想

色ははっきりしない感じ

昨日までが少し強めのワインだったから今日は甘く感じる

確かに。衝撃度でいうと普通のガトーネグロの方がいいかも

個性はないけどこれもおいしいよ

そういえばこれはチリカベだ。

その分値段の差が味の違いとなるか、だね

 

独断と偏見

チリのカベルネ系列の中でもかなり上品なワイン。グン、と飲んだときの瞬発力ではなく、開けたてから香りで攻めるまろやかでじっくりと味わうタイプのカベルネだ。

チリのブドウはエリアなのか、ブドウの特質なのか、作り手の差なのか性質性格が異なるモノが多い。いわゆるブレ幅が広いので、ボトルと名前だけでは、全く想像がつかない。

ガトーネグロ 9ライブスは、想像していた「濃さ」「深さ」とは違い、甘みやオークのアロマ・香りに振られていたので、「なんだろうコレ」とわからないまま深酒してしまった。反省。思い込みはいけない。

大相撲で例えると

体つきは185cm150kgを超える巨体。4つ相撲が得意に見えて、かわしたり組んでから、足技がでるクセモノ。まだ本気で相撲に取り組んでいない、前頭7-8枚目。

女性に例えて表現する

メイクや衣装の効果は抜群のアジア美人。身長は低めで、比較的ボリューミーな体型だが、それがチャーミングなポイントでもある。

☆リピート・濃さ・相性度

リピート度☆☆★★★2つ  価格差から選ぶ理由がみあたらない

味の濃さ率☆☆★★★2つ 味わいは中庸 あきない感じではある

食べ合わせ☆☆★★★ 2つ 意外に淡白な魚料理にあうかも

計6 売価780円÷6=の結果は!

コスパ度・このワインの総括

コスパ度130それなりの成果は欲しいが期待ほどでは

ハズレない人のペルソナ

コンビニ弁当を買いながら、常時高級なマイ箸を使うかんじ

伊海山自然あふれる大地に育った、お坊っちゃま。

タイトルとURLをコピーしました