ヴューヌ・ドック カベルネ 味わいあるフランスもの ヴァンドペイ(ペイドック)は敬遠していたひとへ

この記事は約4分で読めます。

2月最後となる新規ワイン。その理由としては、明日は送別会参加が決まっているため、更新できないから。

フランスのカベルネ、ヴューヌ・ドック カベルネソーヴィニョン Vignes d’Oc

カタカナでラベルがそもそも読めないよな、このフランスワイン。駅のカルディで798円で購入。

このところ連続して飲んでいるフランスワイン祭り。アイコニック、シレーヌ・デ・ペラルとも飲み比べて真価を問うことにする。

その評価を分ける本日のメインは、定番のチキントマト煮。少し北風が吹き凍えて帰ってきた日には最高のおかず、となった。ニンジンが特にほろっとして、おいしく仕上がっている。

感想

チキンおいしいよ〜今日の気温には最高のおかずだ

あら、いつもどおりだけど

フランスワインは「和」に合わないといっていただけに、ペラルや今日のヴューヌ・ドックはどうかしら

誰でもいけそう。好きな味。

そうだと思った。この手は好みだもんね。

ランドックのヴァンドペイはカベルネとしては、かなり軽い気がするけど、一般的には飲みやすい、というのかなあ?

一般女性にもいいと思うし、ワイン単独でもイケるのみくち。

フーン。(どちらかといえばフランス派ではないから)

独断と偏見

このところの新規ワインは、本来のワンコイン価格ではもうほとんど探せなくなっている。不況のせいか、イオンでも売れる店舗ほど、ワンコイン価格ワインを「裏の見えない棚」に変えているし、帰りによったビックカメラも、前ほど1000円以下のワインを卸していない気がする(棚にない)。

であれば、1本で1000円近くするフランスものは、初めからかなり疑り深い眼でみている、というディスアドヴァンテージはありつつ買ってみた。

このヴューヌ・ドック もググってはじめて、詳細がわかるほど知られていない。日本ではこの手のワインは売れない?と考えざるをえない。ちなみにランドック地方、といえば手頃ワインの産地プラス仏・最大のワインの輸出産地だそうな。おかしいな〜。

グラスに注ぐ色は、同時に注いだアイコニックが鈍く沈んだ色に対し、やや赤みが輝いて見える。(やばい兆し)

ひと口。カベルネソーヴィニョン、とうたうより、かなりブレンド味が強い感じだ。畑の傾向か?土の特性かどうか知らないが、カベルネ強めの特徴は感じず、むしろ程良いブレンドの混じりっけ、を感じる。

ギリ800円を割る価格帯としては、美味しい。

疑り深い性格で申し訳ないが、最近のフランスワンコインの品格と味は、やっとレベルが上がってきた気がする。

飲んでないだけ?と言われてもフランスものをフツー飲むなら、もっと名の知れてるワインから行くでしょ?と答える。つまりノンブランドには、散々騙されてきたからね〜。

アイコニックとの差は、口当たりの違い。ヴューヌ・ドックの方が甘さが控えめで、オークっぽいタンニン(ザラっぽさ)は少しあるが、「旨さ」に変わっていかない。明日以降変化するかも。シレーヌとの飲み比べは圧倒的に上だった。(となるとシレーヌは格下げだな)

大相撲で例えると

実力が過小評価される力士。ガツんという当たりで勝負するタイプではなく、ドンと相手の立ち合いを受けてから次の手を考えるスタイルが、どうも親方や観客にとってはウケがよくない。前頭〜小結

女性に例えて表現する

スタイル器量は申し分なし。愛嬌もあるファニーフェイス。日本人受けするモデル美女だ。

☆リピート・濃さ・相性度

リピート度☆☆☆★★ 3つ  前よりもチョイスしてもいい1本には入る

味の濃さ率☆☆★★★ 2つ  個性ある濃くないが、味あるカベルネ。

食べ合わせ☆☆★★★ 2つ  今日のトマト煮は何を選んでもイケる味

計7 売価798円÷7= の結果は!

コスパ度・このワインの総括

コスパ度114 シレーヌよりは高評価する

ハズレない人のペルソナ

フランスものは香りと気分を重視したいひと

ブレンドもの?と間違うほどのカベルネは=本来の個性は薄い、と取るかどうか