デル・スール メルロー 買い忘れの1本

この記事は約3分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

連休前半が終わります。わたしは変わらず、飲む・確認・飲む、ばかりで過ごしておりました。

何を飲んでいたかというと今期のベスト2、ともいえる文句なしの セダ・オーガニック。もう1本は、ヴィニウス・カベルネ・メルローこいつらは飛び抜けてます。どう飲み比べてもおいしさが変わりません。凄い。秋場所の番付では上行きます。

今日台風の合間をぬって買いに行ったら、Mr,マックスのワイン棚にあるのを見つけました。

デル・スール メルロー Aves Del Sur Merlot

チリで、どこでもおいてある人気シリーズなのに、メルローがある、しかもまだ買っていないことに、「はっと」気づいてしまいました。この絵柄もはじめて見た感じですが‥。失礼しました。599円(税別/658円税込)というリアルワンコインワインです。

【メチャ結論いそぐ人へ】

この「デル・スール メルロー」を店頭で買おうかどうか、迷った人

Aves Del Sur Merlot
圧倒的な飲みやすさで、「買い」に決めました
 

まず飲んでみた感じ

いくらシリーズ推しが強くとも、チリでは一番弱い葡萄の「メルロー」ですので、ここは譲る・引く精神も大事です。

ワインオクターブ論的には  

2/3オクターブ+1Lo

オーク樽感、ベリーの風味は凄いです。

その理由

各所で、ワンコインワインの代表格ワインとして並べられる「デル・スール」。カベルネ・ソーヴィニヨンとカルメネールはレビューしていたものの、「メルロー」は初です。

「滑らかな口当たりが魅力なメルロー。ベリー系の溢れる香りと完熟したジューシーな果実味をお楽しみください」

 

  • フルボディ
  • 飲み頃温度 15°C前後
  • 2020年
  • 原産国 チリ 
  • ブドウ メルロー
  • アルコール度 13.5%
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者 モトックス

単独飲みのインプレッション  

  メルロー同士で比較すると、標準的な明るさです

熟度 香りがまず優先します。ベリーとオーク樽香的な淡く特徴あるプラムの香りに支配されます。

このシリーズは「鳥」がラベルに描かれます。この鳥は何だ?ググってみても「野鳥」はわかりますがそれ以上の情報が見つかりませんでした。

特徴は、アルコール度数の高さからくる「造りの濃さ」感です。でもボディは軽量級なので、この濃さはサクッと消えるのも早い。 

スミレやベリーの味はとても清々しいワインです。

メインは、チキンのトマト煮込みと合わせてみました。ワインはスッキリと入ります。トマトソースとの相性もいいです。

他ワインとの飲み比べは、同じメルローでも相手が強すぎです。VS イエローテイル・メルローでは、格もボディも違いすぎです。

ここはデルスールの負けを素直に認めます。

リピート、濃さ、味の相性度

リピート度 ☆☆☆★★  3つ  飲みたくなるワインの一つではあります

味の濃さ度 ☆☆★★★  2つ  果実味の香りは強いです

食べ合わせ ☆☆☆★★  3つ 濃いめのトマトソースにはよく合いました

星の数は計8個 599円÷8= の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度74.8円。  これから秋には、もっとおいしくなりそうです

初心者へのおすすめ度 : とても合うと思います 5点満点で3点のオススメ。

濃いワインと比べると、負けるのでおすすめ的にはステイ、となりますが気軽にメルローを楽しむ場合には、とてもオススメします。特に「赤」初心者には、こういうワインから飲むと抵抗感なく飲みススム気がします。