ワインの税金が上がる?酒税法改正?ワンコインワインへの影響について

この記事は約2分で読めます。

いつものスーパーで、気になるPOPを見つけてしまった。

10月よりワイン税が上がる!

なぁ〜に、やっちまったなあ、は お笑いのクールポコの決めセリフかもしれないが、これは自民党の大いなる愚策やで。わがワンコイン赤ワインに関連している定番ワインでいくと、(リッター当たり10円のコストアップ、簡単にいうとボトル1本15円の増税で、価格的には38円上がる感じ)↓ここがくわしい

ワインが値上がり?令和の酒税改革をサマリーしてみる
 

もっと掘って考えると、ブランド的には

  • サッポロビール  イエローテイル
  • サントリー    サンタ・カロリーナ、 (カルロロッシ)
  • アサヒビール   アルパカ  
  • キリンビール   フロンテラ 

がメジャーどころのワンコインだ。

いつもこれらのブランドを盲目的に買っている人は、大資本の輸入会社がこれからどう価格に転嫁するのか、この動向をみてこれからも買うか決めたら〜、と思う。

デフレはまだまだ続くよ。

今日は残っていた赤ワインを片付ける日。バトルロワイヤルの感想は少しだけ。メインは中華の回鍋肉で試してみた。

VS ビオ

変わらず引っかかりのない味。エクストラスムーズ。飲み慣れないワイン種の味が楽しめるイタリアワイン

VS コンドル

誰でも似ていない強さ。味の濃さ、チリカベの特徴そのものの味わい。中華というか甘味噌味には特に合う。

VS スリーメダルス

良くも悪くも平坦な変わらなさが特徴。開けたてよりもずいぶん落ちた感が強い。番付を落とす要素まんまん。

VSドメーヌ ・ボヤール

しょうゆ味でワイン復活。しぶとく味がおいしいと思わせるのは、ワインのパワーがある証拠だ。濃さとパワーはコンドルも凌駕する。