エレンシア・アンティカ 飲めばハッピー

この記事は約3分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

3月末のせいなのか、やたら締切と仕事に追いまくられています。夕飯も家でまともにとれないくらい、会社に残るとは‥情けない。

本日は先週末に買っていたワインをレビューします。スペインですが、ボバルとカベルネ・ソーヴィニョンのブレンド、という少し耳慣れないワインです。

エレンシア・アンティカ HERENCIA ANTICA

表にはプレミアムと表示されていますが購入価格は、499円(税別/548円税込) です。スーパー・ベルクスで見つけました。

【メチャ結論いそぐ人へ】

この「エレンシア・アンティカ」を店頭で買おうかどうか、迷った人

El Circo
こちらは買い「控え」ワインです
 

まず飲んでみた感じ

主にボバルが味を占めてます。味がつかめない‥。

ワインオクターブ論的には  

半オクターブ

若さが気になったり、ピンとしたハネた感じもありませんが、好きな味じゃないにつきます。

その理由

裏表記の説明文はまあまあ書かれています。

「130年以上の歴史を持つ家族経営で、スペインの大手生産者です。ブドウ品種はボバルとカベルネ・ソーヴィニョンで、その絶妙なブレンドにより、熟した果実香と上品なアロマが一度に立ち上がり、酸味とタンニンのバランスが良く、長い余韻をお楽しみいただけます」

 

  • 原産国 スペイン・バレンシア
  • 渋みは控えめで、果実味が豊かな爽やかな飲み口の赤
  • 料理のタイプ ハンバーグや生姜焼き等肉料理全般に良く合います
  • アルコール度 12.5%
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者 東亜商事

ベスト・ヨーロピアン・ワイナリーのシール付きです。でもあまり見かけないシールです。

単独飲みのインプレッション VS オー・ブルボン

  こちらの輝きもかなりの明るさです

熟度 コクは期待しないでください

爽やかな飲み味は、ブドウ品種のボバルのせいですね。ボバル・スペインで検索すると、

バレンシア地方原産、古代品種、マイナー

等耳慣れないコトバがけっこう並びます。

特徴的であることは間違いありません。

味は、カベルネとのブレンドですがボバル味が支配します。わずかな酸味と渋みがあり、飲み慣れないせいか、自分の中で「コレ」と決まりません。

変な味のひっかかりはありません。仏ワインでたまに当たる、どうにも受け付けないワイン、という感じではありません。難しいですね!

ただただハッピーに飲む分には十分です。今日もわからないうちに半分飲んでましたから。

メインは、肉魚とも合わせてみました。ブリのニンニクオリーブオイル焼きでは、双方喧嘩してダメでした。ひき肉のニンニクオイル焼きも、イマイチですか。高め合う関係には昇華しません。

対決はVS シャトー・オー・ブルボンとともに。コルク栓では、味の抜けが早くこのワインは、早飲みが基本ですね。それでも、微かに甘みが残り、単調ですが一定の味を保つボバル味とどう戦うか?

不慣れな好みの差で、言い切るとオー・ブルボンの勝ちとします。

リピート、濃さ、味の相性度

リピート度 ☆☆★★★  2つ  エントリー価格は「買い」です

味の濃さ度 ☆★★★★  2つ  濃さは普通より劣りますが、独自のおいしさはあります

食べ合わせ ☆★★★★  1つ ここは気になりました。肉にも慣れが必要ですか

星の数は計5個 499円÷5= の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度99.8円。  価格はGood、飲む人によりコスパは感じ方次第

初心者へのおすすめ度 : 意外にはじめての人にいけそうかも? 5点満点で3点のオススメ。

スペインは深いです。かなり深掘りして飲み込んでいかないと、正直わかりません。それだけ正体はつかみにくいタイプのワインです。