シャヴァリエ・キャサール ルージュ 仏ワイン 味は期待ほどでも

この記事は約2分で読めます。

2月新規7本目のワイン。

最近のお馴染み、酒屋リカーマウンテンでねらって購入していた。買うタイミングは仕事帰りしかないので、カバンが重くなるのがきつい‥。

フランス、シャヴァリエ・キャサール ルージュ Chevalier Cathare

698円、と地方巡業クラス扱いだが、メルロー 、シラー、ガメイがほぼ1/3ずつという響きにつられ、期待値を勝手に上げていた。今日のレビューはいかに。

感想

今日も飲んだけどブルガリアはおいしかった。

これはスパイシーね

色は濃いけど、そんなにスパイシー?

スパイシーっていうんだっけ?

表現を知らなさすぎだよ。まあいいけど

はじめは味がトンガった感じであとはまろやかかな

独断と偏見

わかりにくい味が予想されたので、ドメーヌ ポヤールともう1本インドミタ と飲む比べてみた。

グラスの色はブルガリアのポヤールとそう変わりない。いい感じ。

はじめの一口は、何かピンとこないメルロー。何か複雑味はあるんだけどどれもパッと特徴がない感じで、まろやかさは残った。

本日はチキン煮込みクリーム味とともに。

もちろん、インドミタと比べて飲むと味は比較にならない(ほどキャサールは良くない)

もやっとするなあ

あまり自分が好まないガメイ種のせいか?この違和感。メルロー➕シラーの良さを全部吸い取っている。私の感想だけで言うとね。

しばし、コロナのせいではないがぐったり倦怠感の残る日だった。

大相撲で例えると

相撲の取り組みはキレイで、見栄えはする。ただ技のキレが悪くいつも頑張りだけで負け越してしまう、前頭中位〜。

女性に例えて表現する

田舎の地域資本で成り立つ百貨店。地元ではナンバーワンだが働き手はおばちゃんに頼る。そこで外国化粧品売り場を担当する、化粧だけがハデになる美容部員。

☆リピート・濃さ・相性度

リピート度☆★★★★ 1つ  この値段に魅力はない

味の濃さ率☆☆★★★ 2つ  薄くは感じないが魅力が薄い

食べ合わせ☆☆★★★ 2つ  クリーム煮とは相性はよくも悪くもなく

計5 売価698円÷5= の結果は!

コスパ度・このワインの総括

コスパ度139.6わざわざ選ぶ価値は薄い

ハズレない人のペルソナ

ヌーボーを好むかどうかで意見は分かれるかもしれない

フランスワイン選び、特に出自がわからないモノは博打だ