キャニオンロード 安心できるCAワイン

この記事は約3分で読めます。

草原の香りを忍ばせ 懐にスルリと入り込む

コスパワインの算出と、番付表作成の間にも、ワインは続けて飲んでいる。

9月に入って最初にUPするのは、地方巡業のカテゴリーになる本格派、

キャニオンロード カベルネソーヴィニョン Canyon Road Cabernet sauvignon

購入はいつものやまや、で880円(税別)と思い切って買った。500円棚のスタンプの新銘柄にもそそられたが、ここはチリカベとは違うアメリカ/カリフォルニアワインで勝負!

今日の試飲結果は‥

飲みやすさ重視。

メインは、メカジキの煮付け(しょうゆ味)、2日目が回鍋肉と連続して飲んでみた。

◆ワインオクターブ論でこのCA産ワインを称すると

3/4オクターブ+2ロー

チリを飲み慣れると、少しパワフルさに欠ける?とはじめ感じるが、全然本質はずしりとする。果実(ブラックベリーやカシスとラベル裏にある)の甘さだ。それも糖分がねちっこくない、さらりとしながら美味しさを残す感じ。メインにも合うし、相当飲みやすい。誰でもウケる味だね。

やまやが「直」で仕入れている(珍しい)だけある自信の赤ワインだ。

その理由とは‥

裏書きは、英語の裏書きをそのまま生かして、日本語のラベルを重ねている。日本でボトルを詰め替えていない、本格直輸入という証拠やね。

  • アルコール度数 13度(高めだ)
  • 説明 ミディアムボディ
  • 飲み頃温度 14〜16°C
  • 原産国 アメリカ
  • ブラックベリーやカシスにも似た新鮮な芳香と微かなスパイシーさが、口の中を心地よくひろがる感じのする、お肉料理に最適のワインです 

VSアルバ

コンビニワイン王子、サンタルーズ・アルバと2日間対抗戦をしていた。

オーソドックスなアルバの飲みごごちに対して、キャニオンロードのCSはよくも悪くも料理を立てる味。一口つまんで、ゴクリ、おいしい。でもこのおいしさ、は何だろう?と思ってまたゴクリ。

その繰り返しであっと言う間に、キャニオンロードを何気なく飲み終えてしまう。これも自然な個性だ。前頭の実力ではないね、闘うと強いタイプ。

アルバは「おいしいでしょ、注目してよ」と言う主張が強いが、アメリカ/CAのカベルネは「語るより、まず飲め」と言う表現方法の違い。

大人の飲みくちで、キャニオンロード の勝利

Chile ,Cabernet Sauvignon

リピート、濃さ、相性度

リピート度 ☆☆☆☆★4つ  飲み口の爽やかさが印象的

味の濃さ率 ☆☆☆★★3つ  後味に果実味の濃さがある

食べ合わせ ☆☆☆☆★4つ 醤油からオイルまで食べ合わせ相性は抜群

計11 売価880円÷11= の結果は?

コスパ度・このワインの総括

コスパ度80円    元がとれることは十分保証していい

ハズレない人のペルソナ

食べたい本能を優先したい時、邪魔せず引き立て役に徹してくれる

ワンコイン的にはほぼ倍の値付けでも、このワインなら誰でもはずさない、安心感がある
タイトルとURLをコピーしました