ヴィエイユ ヴィーニュ シラー こんな時に南仏・自分史上最品質のシラーにあたるとは

この記事は約4分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

世間はオリンピックで高揚ムードですが、我が家はまた、大嵐が吹き荒れてます。妻の股関節周りが「痛み」で動かせず、ほぼ寝たきり状態に突入しました。原因はステージⅣまでいったガン、の再発で間違いないでしょう。

この絶望状態までに至ると、さすがにワインの神が、救いの手をちょこっとだけ差し伸べてくれたのでしょうか?

今まで見向きもしなかった南仏産のシラー、で絶妙の名品に当たりました。

ヴィエイユ ヴィーニュ・シラー Chevalier de Caylus Syrah 2019

スーパー・ヤオコーで見つけました。898円(税別/987円税込)

【メチャ結論いそぐ人へ】

この「シラー・ヴィエイユ ヴィーニュ」をお店で買おうか、迷った人

見かけたら超ラッキー「買い」です
 

まず飲んでみた感じ

開けてすぐ葡萄の深い香りが、辺りをつつみ込みます。

ワインオクターブ論的には  

1オクターブ+1Hi+1Lo

南フランスの傑作シラーですよ。

その理由

ラベル裏にはわりとカンタンな説明があります。

『南フランスのシラー種から作られたワインは、シラー特有のスパイシーな風味とダークチェリーなどを想わせる豊かな果実味が魅力です』

 

  • 原産国 フランス/生産地オック(ランドック地方)
  • メーカー名 アルマ セルシウス
  • 品種 シラー種
  • 中辛口/中重口
  • 飲み頃温度 14~16度 
  • Pays d’Oc
  • 2019年
  • アルコール度 13.5% (高め)
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者 ローヤルオブジャパン

上記の会社のワインリストによると、数々のコンクール受賞歴があり、数が多すぎてとても紹介しきれません。10年連続はさすがに、度を超えてますよ。

単独飲みのインプレッション VS ライセス・シラー 

  ライトが当たっても深く濃い色は揺らぎません

熟度 生産会社がコンクール・キラーと言われるほど、熟度の高さを感じるワインです。

このワインはギリ割ってますが、ほぼ1000円です。その価格以上の価値の高さに、今までまるで気づきませんでした。ボケとるで〜。

それと同じで、普通のただただおいしい夕食を囲める、という幸せが、アタリマエと思っていたことに今更後悔しています。

「おいしい」といってくれる、ともに「笑ってくれる」、ワイン飲みすぎて、ついつい大声を出して、怒られる日々。もっと大切にしておけばよかった‥

こんなに美味しいシラーを飲んでいるのに‥   涙あふれそうです。

ワインは何もわるくない。自分が「日常」は長く続くもの、と軽く考えてただけ。

タンニンの枯れ具合が深く絶妙で、上品な仕上がり方。甘さや他のブレンドに頼らないで、単独で仕上がっている、独立/スタンドアローンな姿が凛々しい。

メインは、回鍋肉ですが、今日は何でも合わせられる万能型のワインなので、魚でも肉でも全ておいしいでしょう。単独飲みでももちろんイケます。

同じシラー種ONLYの、VSライセス・シラーと飲み比べです。

スペインのシラー/ライセスも辛味の個性があって、とても料理に合う点は評価されると思います。今日は相手が強すぎです。

味とクオリティであの「天下のキング・オブ・シラー」イエローテイルを超えるシラーズに、はじめて出会いました。

対決では、ヴィエイユ ヴィーニュ・シラー全勝ちします。

リピート、濃さ、味の相性度

リピート度 ☆☆☆☆☆   5つ  2割引の日にまとめ買いだ!

味の濃さ度 ☆☆☆☆★  4つ  重いボディは他にあっても、深みではなかなか無い

食べ合わせ ☆☆☆☆☆  5つ  魚でもいちおう試しますがまず問題ないかと

星の数はほぼ満点の、計14個 898円÷ 14= の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度64.1円。 2割引の日に買うと、コスパはもっと上がる(@51.3円)

初心者へのおすすめ度 : これこそ初心者にも飲んでほしい 5点満点で5点のオススメ。

レビューの書き出しは10時を回ってからでした。夜もてっぺんが近づいてくると、少し抑えていた感情が顔をのぞいてきて、熱くなります。貧食でもいい、家族が揃った夕飯がどうか長く続きますように。 皆様、ともに過ごす時間を大切にどうぞ。