サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャ リゼルヴァ 語りずらいワイン

この記事は約4分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

歯は治療継続中ですが、2日前に何と別のかぶせていた奥歯の義歯がとれてしまいました。

舌と鋭利に尖っている歯のベースが干渉して、痛くてしかたありません。噛めないし、食事のペースは4〜5倍遅くなるし、会話もできないのがツラいです。

そういう日に限って、重要なプレゼンがあったり、電話が多かったり、対面のMTGがあり、かなり無理してしゃべったせいで、その後のダメージが大きく溜まってます。

サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャ リゼルヴァ Sangiovese Romagna Riserva

イタリアワインで899円(税別/988円税込)でした。ベルクスで購入。

レシートでは、メーカー名のボッター・サンジョベーゼ‥とあるし、表ラベルには「GRIFONE」(グリフォーネ?)ともあるし、特定の固有表記がないっぽい。地元では決まっていると思いますが。

【メチャ結論いそぐ人へ】

この「サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャ・リゼルヴァ」を店頭で買おうかどうか、迷った人

Romagna
かなり開くのに時間かかります。「ステイ」
 

まず飲んでみた感じ

サンジョベーゼは、時間とともに味が変わりますね。気分次第で、ワインの味わいも変わります。

ワインオクターブ論的には  

半オクターブ+2Lo

ボディはポテンシャルを秘めた中量級です。

その理由

裏ラベルの日本語解説は、いろいろありすぎて逆に混乱します。

「イタリア北部、エミーリア・ロマーニャ州で作られるワイン。オーク樽で熟成された深みのあるまろやかな味わいです

 

  • 2017年(!)
  • 生産地区 エミーリア・ロマーニャ
  • メーカー名 ボッター カルロ
  • ブドウ品種 サンジョベーゼ
  • 飲み頃温度 16~18度
  • 味わい(5段階で最も) 辛口
  • 味の厚み(5段階で4の)重口
  • 原産国 イタリア 
  • アルコール度 13%
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者 ローヤル・オブ・ジャパン
2020年金賞(画像はダミー)

ジルベール&ガイアールの金賞受賞マークと、首にPOPがかけられてました。

単独飲みのインプレッション   VS  オチャガビア  

  グラスの底が透けるほどの明るさです

熟度 イタリアもの同士で比較すれば熟する方だが、相対的には軽い

サンジョベーゼ、は出来のよいワインがわかりやすい品種です。一撃で決まります。

特にイタリアものは、ほぼ売価と比例する、と経験上想像つくので「これ!」という驚きの1本は発見しにくいです。

2017年モノのせいですか、コルク栓を開けると、赤い果実・チェリーの香りにつつまれました。これはいい傾向です。 ただ、

苦味も少なく、酸味も弱い、ことが全体的に味が決まってない、という風に判断されがちです。

柔らかく甘味まで含んだ、いいサンジョベーゼですけど‥ 2日目にはかなりマイルドさが増しました。でも噛めないので本当の味がわかりずらい‥困った。

時間とともにもっと美味しくなりそうな予感はします。が、本日はここまで。

メインは生メカジキのバターソテー、2日目が青椒肉絲でした。魚よりも肉の方が、特に油(ごま油)との食べ合わせが良かったです。バターにはワインの味がすべった印象です。

同時に買ったレゼルヴァ対決となれば、VS オチャガビアのカベルネの味が馴染むので、飲み比べでは不利、サンジョベーゼの方が負けます。

リピート、濃さ、味の相性度

リピート度 ☆☆★★★ 2つ 雰囲気はでていますがコスパよくない

味の濃さ度 ☆☆★★★ 2つ じっくり時間を置けば、それなりに馴染んできます

食べ合わせ ☆☆★★★ 2つ 肉との相性はいいのでは

星の数は計6個 899円÷6= の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度149.8円。  濃い、を標榜するブログでは紹介しずらいワインです

初心者へのおすすめ度 : サンジョベーゼへの理解が前提で 5点満点で3点のオススメ。

熟成した本格派のサンジョベーゼは、格付け通りに有名州のワインがおいしいです。定説通り。逆に「伊」らしくないブドウの方が、驚きの味が生みだされたりして!でも決して安く流通しないですよね〜

 

タイトルとURLをコピーしました