イーグルホーク シラーズ 飲み忘れ!2019年以来の高揚感

この記事は約3分で読めます。

毎度こんばんわ。ワイン・家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

今週も今夜も飲んでます。いささか自虐気味ですが‥。その理由は、Googleに嫌われているからか?

今週サイトを覗くと、こんな結果です?? 新規のビジターがいない!ことに愕然としつつ、少し前に数字に上がったバブル的な集客が年に1~2回はある、と信じて書き続けることにします。グーグル先生は気まぐれですからね〜

今週のワインは、久しぶりのチラーノ・カルメネールや、イエローテイル・メルロー(格別!)、G7メルロー(納得の味)を飲んでいました。

本日のレビューはイオンでよ〜く見たら「もしかして買ってないかも‥」という

連続しますが、オーストラリア/OZワインでした。

ウルフブラス イーグルホーク シラーズ WOLFBLASS EAGLEHAWK shiraz 2021

購入価格は、780円税別/858円)です。

前回の購入は、2019年10月でした。はじめはこっちからだな、というブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニヨンです。奇しくも、4年前ラグビー日本代表戦・準々決勝南アフリカ戦の後に飲んでます。くやしいけれど、この頃の日本代表の方が、マインド・世界との距離等含め充実していた気がします。

【メチャ結論いそぐ人へ】

この「イーグルホーク シラーズ」を店頭で買おうかどうか、迷った人

十分飲めるシラーズです。「買い」
 

まず飲んでみた感じ

最初は疑問だらけ。色も輝きも強めなので‥

ワインオクターブ論的には  

3/4オクターブ+2Lo

これが、飲むうちにどんどん変化してきます‥

その理由とは‥

ラベルの裏書きは、日本語表記が重ね張りされてました。

「ブラックカラントやダークチェリーのアロマにほのかなバニラオークの香りがまとわっています。赤い果実の風味が前面に出た果実味優位の味わいで、ソフトで穏やかなフィニッシュです。ラム肉や牛頬肉のシチューと一緒に」

  • 原産国 オーストラリア
  • 2021年
  • 味わい スムーズ
  • ミディアムボディ
  • アルコール 13.5%
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者 コルドンヴェール

単独飲みのインプレ  

  輝きだけは素晴らしい。明るさ度こちらは「強」

熟度 最初は軽めで、徐々に本性を発揮してくるタイプ

このシラーズは、すっかり飲んだものとして忘れていました。イオンの中では完全に飲んだものと脳が判断してました。初めはとにかくカベルネ・ファーストで、それ以外がその後!と決めてましたから。

オークの香りが全て。

辛味と黒系果実の甘味が適度にブレンドされて、しっとり感も深い

ベースのタンニンもしっかり効いています美味しいです

メインは、メカジキの香味スパイスとともに。ベースに効いているタンニンとニンニクスパイスの相性がとてもGOOD。魚系には全く問題ありません。

リピート、濃さ、相性度

リピート度 ☆☆☆☆★ 4つ  シラーズの中でもかなり上位

味の濃さ率 ☆☆☆★★ 3つ  濃さからいくと普通よりは濃いめ、という感じ

食べ合わせ ☆☆☆★★ 3つ  ハーブ系のテイストはもちろん、ブルー系チーズとも合う

星の数は計10 780円÷10= の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度78円   比べる前に飲み終えてしまった、ことが全てを語ってます。早めに再購入だな。

初心者へのおすすめ度 : 味変を感じられやすい入門ワインとしては適格 5点満点で3.5点のオススメ

シラーズの最適解とは?よく考えて解こうとしても、結論はなかなか出ません。OZワインのシラーズにしても然り。甘み果実味が十分、というだけでもダメだし料理との相性もあるし‥意外にシラーズは奥が深い品種だ、ということがわかります。