VSスコットランドを前に おすすめレビュー ワンコイン赤ワイン 豪をのみほせ ツーカンガルー

この記事は約3分で読めます。

今月4本目のレビューとなる。どんどんまくっていきますぞ。ラグビー決戦を前に、少し早めにワインは上げておいて、あとはライブ書き込みしよう〜っと。

ラグビーはどこまで冷静になれるかが(観戦する自分もふくめ)カギだ。心はどこまでも冷めていて、カラダは熱い。この状態がイチバン・パフォーマンスが上がる。

というのは、ここからは自分の体験で恐縮ですが‥

Elis Cup

昔むかしあるところに、大学ラグビーをしているBK(バックス)がおりましたとさ。ある試合で、トイメン(マークする相手のこと)にラックの中でスパイクの鋲(ポイントと呼ばれる金属)をつかわれ、アタマをおもいっきり「故意に」引っ掻かれましたとさ。

こちらが少し押していたので、予想外の格下相手に少しあせったゆえの行為だったのでしょう。自分ではケズられている(攻撃を受けている)時に「何よけいなことやってんだ!コイツ」と思いつつハートは、どうやり返すか、そのタイミングを考えてどんどんアタマは冷めていったとさ。

イマならすぐ出血退場というところですが、とりあえず血だけ止めて(テーピングをまくだけ)ですぐ復帰。その時には、完全にやることはクリアになっていました。「わかった、ゲームで絶対やりかえすもんね」

続きはまたあとで(長い!)今日はレビューが先ね。

ボコる、というリーチの気持ちはよくわかる。

Two Kangaroos

さて、やまや オリジナルで輸入された豪の赤、ツーカンガルー カベルネソーヴィニョン。500円、TWO Kangaroos cabernet sauvignon

オーストラリアのカベルネ。最近のやまやの流れだ。どう違うがあるのか、スタンプのカベルネと飲み比べた。

濃さはもちろん、スムーズな飲み口だ。でもいちばんの違いは有機ワインか?とおもうほどの草っぽい香りと深く染み込んだ自然派な感じOGらしくない。とても洗練されかつスパイシーな後味もいい。想像を超える個性的に攻めているワインだ。

OGはレッドウッドのように、軽みや飲みやすさを中心に組み立てられるのか、と思いきやこういう攻め方があるのね。関心した。こういうワインを入れようと決めた「やまや」のインポーター担当さんに拍手!

カラダは大柄だが締まっている前頭上位。上位を常にパワーで圧倒するタイプの相撲ではないが、場所の折り返しあたりで取り組みがあるとかなり嫌がられる。攻め口を相手によってあまり変えないタイプ。

スタイルは抜群。中肉で背も高くモデルっぽいが、スポーツ経験があるのか筋肉があり締まってみえる。陸上の棒高跳び系のスロバキア系の美人だね。

リピート度☆☆☆★★ 3つ  これで500円。他何とかしろよ

味の濃さ率☆☆★★★ 2つ 印象に残る味、他で味わえない赤

食べ合わせ☆☆☆★★ 3つ 濃いソースでもイケる。単独でももち

計8 売価500円÷8=

コスパ度62.5 円 この個性にハマる人は絶対いる

ハズレない人のペルソナ

オーガニックでなくとも、ブドウ味の本質は大地のパワーを飲むこと、と信じる人へ

豪にこういうバリエーションがあるのか、と関心する赤