スタンプ・シラーズカベルネ 悪性遺伝か

この記事は約2分で読めます。

「アリー」のシャロウの歌のよう

やまやに寄った。リクエストに多少答えてくれたのか、スタンプが置いてあった。でもそれはカベルネでも無く、シラーズでもない新酒だった。

ハーディズ スタンプ シラーズ・カベルネ Hardys STAMP Shiraz Cabernet

やまやの良心は変わらず。このスタンプも2本で1000円コーナーに鎮座していた。ありがたや。(それぞれは@500円)

期待に心弾む

このワインの試飲結果

味の悪性遺伝。スタンプのダメな性格の方が、混じり合ってしまった

ワインオクターブ論で表現すると‥

半オクターブ

ボリューム感に欠ける軽さ。甘みも薄っぺらく表情に乏しい。若いのに元気もない。なんということだ。

その理由とは‥

今日のメインは、アメリカ産のタラをエビチリソースで。いい辛味具合だ。

実はソースを2種類作り、妻の味覚に合わせた。もう一つがバジルクリームソース。少し薄味に仕上げたのがよくなかった。ワインにはエビの味がとても良いマリアージュ。

初出ワイン情報(裏書きより)は、全くたいしたことが書いてない

  • アルコール度数 13.5度(高め)
  • 添加物:酸化防止剤に加えて、安定剤(アカシア)を含有
  • 説明:SMOOTH/ミディアムボディ
  • 原産国: オーストラリア

輸入は変わらず、コルドンヴェールで。

VS ガトーネグロ 9ライブス

中途半端な味、とはこのスタンプのワインのことか。

アルコールの高さはもちろんガトーネグロ 優勢で、香りも、コク、旨味も全てチグハグでまとまりがない。軽い性格も合って飲みやすいが、他と比べるともうダメ。

ここは、スタンプの負けです。

スタンプ・シラカベの味がとてもシャロウ(浅い)。カベルネの苦味が先立つ悪例。かと言ってシラーズの甘みも効いていない。

Chile,cabernet sauvignon

リピート、濃さ、相性度

リピート度 ☆☆★★★ 2つ  これはない。いくらスタンプでも

味の濃さ率 ☆★★★★ 1つ  厚みはないよね

食べ合わせ ☆☆★★★ 2つ 自分の主張もメインへの干渉もない

計5 売価500円÷5= の結果は?

コスパ度・このワインの総括

コスパ度100円   これは見かけても、買うのは躊躇する味だ。  

ハズレない人のペルソナ

なんだろう。そばにいてもなかなか共感しにくい日に。

このスタンプは悪いときのコルドンヴェールっぽさ全開。
タイトルとURLをコピーしました