CAワイン連続レビュー ミスティファイド・レッド・ブレンド

この記事は約4分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

昼間外での撮影でした。埼玉の日中は体温超えの37度。まだ、湿度も高くないので意外に耐えられました。水分は取りっぱなしで、体調にも変化ありません。

こんな日の夜のワインは、かわいた喉に特においしく!感じるはずです。

スーパー・ヤオコーで、続けて買ったアメリカ・CAワインのレビューです。

ミスティファイド・レッド・ブレンド MYSTIFIED Red Blend 2019

こちらもコルク栓ワインです。期待も高まる898円(税別/987円税込)の高額で購入しました。ベンドより高いってことは、ベンド超えしますか?? 後半のお楽しみです。

【メチャ結論いそぐ人へ】

この「ミスティファイド・レッド・ブレンド」を店頭で買おうかどうか、迷った人

MYSTIFIED
コスパ的に迷いますが「買い」でいいでしょう。おいしいもん。
 

まず飲んでみた感じ

とても爽やかな後味です。

ワインオクターブ論的には  

3/4オクターブ+1Lo

果実味がとてもいいんです。

その理由

こちらの裏書きも、英語表記ばかりです。日本語は少しのみ。またWEBにたよります。以下は英文を参考までに。

「Created with intention, our wines showcase all the rich aroma & flavors you would expect from California winemaking. They also yield extraordinary characteristics, crafted with a complexity designed to surprise your senses. Prepare to be Mystified. 」

 

  • 原産国 アメリカ ナパ
  • ブドウ ジンファンデル、カベルネ・ソーヴィニヨン、 プチ・シラー、 メルロー、 シラー
  • 合う料理:牛サーロインステーキ ペッパーソース
  • アルコール度 13.5%
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者 ベルーナ

このウェブの商品コピーは的確です。

「エッジはまた若々しいイメージ。カシスやアメリカンチェリーの香り、木樽のスパイシーさの中にこなれたコンポートフルーツの香りも。アタックから果実の甘みがはっきり感じられ、酸とタンニンがうまくコントロールしてバランスの良い味となっています。

単独飲みのインプレッション VS ベンド

  輝いたルビーレッド色が若々しく見えます

熟度 しっかりとしたコンポートフルーツ(!)味です

このワインから伝わる果実の表現をずっと考えていましたが、「コンポートフルーツ」味とは、とても見事ないい表し方です。感じる甘みがまさに、コレ。おいしい。

ジンファルデル系の熟した味が、方向性を決めたのでしょうか?複雑な果実味で、チェリーの風味も確かに感じつつ、優しくまとまっています。

メインは、中華味の青椒肉絲でした。胡麻油の風味と甘みあるミスティファイドがとても「ご飯」がすすむ味になりました。白米との相性がいいです。和風メシに合うワイン見つかりましたね。

ただワイン対決では、分が悪くなります。VS ベンドCSとの対戦では、圧倒的なパワーの差にびっくりします。厚みと深みがかなり違います。ミスティファイドの軽さでは、一発の張り手で土俵から飛び出してしまいます。

BEND

ベンドの優勢勝ちです。

CAナパ産ですが、価格差だけではわからない真実です。このあたりが飲み比べるとわかる、ワインの神秘的なところです。

リピート、濃さ、味の相性度

リピート度 ☆☆☆★★   3つ  下げている理由は価格のみです

味の濃さ度 ☆☆☆★★   3つ 甘み残す果実の濃さは本格的です

食べ合わせ ☆☆☆★★   3つ  和メシ、ご飯に合うワインと認定します

星の数は計9個 898円÷ 9= の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度 99.7円。 後100円でも売価が低ければ、もっと高評価なのに‥

初心者へのおすすめ度  エントリー者には抵抗感ゼロのはず 5点中 5点

前出のベンドがCA産として、パンチありすぎです。このミスティファイド・レッド・ブレンドも悪くないはずなのに、同系統として影響うけまくり、結果損しました。
タイトルとURLをコピーしました