梅雨はしりに アルパカ・スペシャル・ブレンド・レッド

この記事は約4分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年ワインコスパニストのブーです。

ブログリニューアルはいったん終わりにしました。キリがないし‥ 上位にきていたレビュー記事にリンク付けたり、プロフィールかえたり、スマホ用に手をくわえたり、後はなりゆきで少しずつやります!

本日は、メジャーの中のメジャーワインです。このコロナ下、昨年9月に新製品として登場した人気シリーズの最新作?ですか。

日本で*イチバン売れている輸入スティルワイン、アルパカ。ワイン飲みは誰でも知ってる。

サンタ・ヘレナ アルパカ・スペシャル・ブレンド・レッド ALPACA Special Blend Red

*スティルワイン(炭酸等が入っていないワイン総称)で2020年アルパカブランドが過去最高販売金額を達成した/アサヒビール調べ

購入したのはカインズ。毎回ワインコーナーのぞきますが、まだ棚にカネパがありません。異常事態ですね。まったく別件の話しですが、そこでも輸入品がほとんど入ってこない状態だとか。 こちらは、ちなみに453円(税別/498円税込)でした。

このワインを買うべきか、もし迷ったら

ひとこと:甘め(のシラーブレンド)が好きなら、当然「買い」
 

まず飲んで

アルパカシリーズの中では、コスパ度は別にして、好みはオーガニックとカルメネールの中間くらいの評価、がファーストインプレです。

2021年まとめはこちらから。単体では、オーガニック、カルメネール、カベルネ・メルロー、は今まで飲んでいます。(ピノは例外)

ワインオクターブ論的には

3/4オクターブ

シラーとカルメネールの甘みが濃さを生んでいます。オクターブも甘さの方に振れてます。

これでワンコインは本当スゴい。

その理由

ラベル裏の情報は、比較的簡素に書かれてます。

「プラムにカカオやヴァニラなどの甘い熟した香りがあり、コクとしなやかさをあわせ持った味わいです」

 

  • ブドウ品種 シラー、カルメネール、ヴィオニエ/ブレンド
  • 味わい フルボディ
  • 飲み頃温度 14~17度 軽く冷やして又は常温で(飲み方指南が、500円ワインとしてはほぼ初めて入りました!)
  • 原産国 チリ
  • アルコール度 13% 
  • 添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 輸入者 (天下の)アサヒビール

単独飲みのインプレッション プラス VS イエローテイル/シラーズ

  まあまあ深みあるダークレッド。

熟度 ボクサーが体重管理しきれず、階級上げてきた感の重さ。

ヴァニラの甘さは赤ワインの中に溶け込んでます。全体的には、アルパカらしさは目立ちます。かなりがんばって、ボクシングでたとえると、フライ級(軽い)からバンタム級(すこし重い)にカラダをビルトアップさせた努力は認めます。

好み的には、オーガニックの素直な味の方がいいかも。まあ、この価格差でいったら、かなり評価が高いブレンドであります!

メインは、豚肉のバジルソースかけでした。豚のとけたアブラは、アルパカにはよく合います。いい相性です。

甘みある「濃さ」なので、業界のもう一方の雄、イエローテイル・シラーズと対戦してみました。

OZ, Shiraz,So Sweet

立ち会い一閃、「バッサリ」

アルパカ・スペシャルあっさり切り捨てられます。付けた体力と、地力のパワーとの差でしょうか。

濃さのバランスはとれています。梅雨のはじめにも合いますが、本当の飲み頃は秋冬かもしれません。

リピート、濃さ、味の相性度

リピート度 ☆☆☆★★  3つ  普通においしいのでまあ買うでしょう

味の濃さ度 ☆☆☆☆★  4つ  果実味が少し欠けるのが残念

食べ合わせ ☆☆☆★★  3つ  肉から出る脂と飲むとシビれます。いつもより飲みすぎなくらい

星の数は計10個 453円÷10=  の結果は

コスパ度/ワインの総括

コスパ度45.3円。 いいせん出している、と思いませんか。

初心者へのおすすめ度 : 白ワイン派の人でも抵抗なく、飲むと酔います 赤特有の重さを苦手とするなら 5点満点で3.5点のオススメ。

アサヒビール的には、「濃いウマ」どストライクを狙った赤ワインですね。少し秋めいてきたら、またトライしてみましょう。