2022年冬場所 番付表 〜関脇・小結編〜

この記事は約5分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

昨日からはじめた総合番付表の続きです。大関以下の関脇、小結編となります。

リアルワンコイン勢のG7カベルネ、コセッチャ、フロンテラ、トキをはじめ、コンドル、レッドウッド等の有名どころや、実力者は大勢控えています。こちらがどのあたりに番付されるか、楽しみです。

リアルワンコイン番付表の、関脇・小結クラスにいたワインは「決め手」に苦しみました。コスパはいいのですが‥

関脇

(東)

(西)

 関脇(東) 

BARRICAS バリカス 

G7 cabernet sauvignon ジーセブン・カベルネ

Vina San Juan tinto La Mancha ヴィー二ャ サン・ファン 

TOQUI Andino トキ・アンディーノ

(西) 

La FEA ラ・フェア  

ARCTOS アルクトス 

EST エスト

FRONTERA cabernet sauvignon2021 フロンテラ・カベルネ

WILLOBANK ウイローバンク

パスケは品切れ、チョコレート・ムースはカルディでは季節商品のため一旦外し、ウイローバンクは西の末席に下げてます。G7カベルネとトキ、NEWフロンテラチリカベ勢はここに入れます。

小結

(東)

Chile,cabernet sauvignon
Chile,cabernet sauvignon

(西)

Chili,cabernet sauvignon
AGLIANICO Pompeiano
Finca
Argentina MALBEC

小結(東) 

COSECHA コセッチャ

Alpaca アルパカ・カベルネ・メルロー

VITESE organic ヴィテッセ オーガニック

CONDOR コンドル

ASTICA アスティカ

CANYON ROAD キャニオンロード

(西) 

TAURINO タウリーノ

MICHEL TORINO ミシェルトリノ マルベック

AGLIANICO pompeiano アリアニコ  

Tatachilla タタチッラ

Diego De ALMAGRO ディエゴデ アルマグロ

FINCA フィンカ

REALES VINEDOS レアルスビニェードス

Rotwild DORNFELDER  ロットワイルド・ドルンフェルダー

KWV Pinotage ピノタージュ

Falesco San Lorenzo サン・ロレンツォ

ALARIS organic アラリス オーガニック

TAVERNELLO organic タヴェルネッロ オルガニコ

タヴェルネッロ・オーガニックは小結最下に下げですし、地方巡業のマルケス・デ・セネテとティズデイル、エル・ペスカイートはすっかり店頭からは姿を見ないし、リアルワンコインのスタンプCS・シャトーカントルーレスタージュは全く棚にないため外しました。張出大関格のタウリーノ、ミシェル・トリノ、アラリス・オーガニックはこの小結に入りました。
*前頭から、下位については少しザックリと優・良・可(A,B,Cで評価)で番付します。
*リアルワンコイン上位だった、コッパーリッジ、レッドウッド、以下関脇・小結陣は全てにいえますが、コスパで勝っても「うまさ」「濃さ」で不利な印象だったので、残念ながら前頭以下に落ちてます。
タイトルとURLをコピーしました