2022年夏場所 番付表 〜関脇・小結編〜

この記事は約4分で読めます。

こんばんわ。家飲み歴数十年、ワインコスパニストのブーです。

台風がやってくるのやら、違うのかすこし迷走気味です。

夏の番付表です。 大関以下の関脇、小結編です。

結論ここでは、

ムーチョ・マス

ベンド

コノスル・オーガニック ピノノワール

が新入幕しました!

コスパだけいいワインは、「コク」「旨味」で売価の少し高いワインより低い番付になります。

関脇

(東)

YOKOZUNA
Chili Cabernet Sauvignon

(西)

 関脇(東) 

ムーチョ・マス、なんとも言えない響きですがおいしい。フロンテラも若干対決で負けているので下がります。

関脇(西) 

G7カベルネ下げました。G7メルローが対決に負けたあおりです。

小結

(東)

Chile,cabernet sauvignon
Chile,cabernet sauvignon
CA,cabernet sauvignon

(西)

Chili,cabernet sauvignon
AGLIANICO Pompeiano
Finca
Argentina MALBEC

小結(東) 

ベンドは爽やかなテイストの分、この辺りです

*前頭から、下位については少しザックリと優・良・可(A,B,Cで評価)で番付します。
*リアルワンコイン上位だった、コッパーリッジ、レッドウッド以下関脇・小結陣は全てにいえますが、コスパで勝っても「うまさ」「濃さ」で不利だったため残念ながら前頭以下です。